東雲に込めた、思い

東雲に綴る、思い

どのような考えから「東雲(しののめ)」と名づけるに至ったのか、お付着せがましいかもしれませんが、説明させてください。

東雲とは、夜が明け、東の空が明るくなる頃を表します。今を生きる私たちには、いつの間にか忘れ去られていますが、かつて、日本は自然の描写がとても豊かな国でした。夜半過ぎから夜明けまでの明るくなる情景を「暁(あかつき)」、「東雲(しののめ)」、「曙(あけぼの)」と分け、表現していました。

東雲とは、「暁」と「曙」の間。東の空がほのかに明るくなり、清々しい朝のはじまりを誘うワンシーン。やがて光に照らされ、清々しい朝が訪れる瞬間です。そこに自身の成長への思いを重ね、「東雲」としました。

ですから、
真摯に見つめる、目。
本質を見抜く、目。
成長を見守る、目。

東雲は「目」を持っていたいと考えています。