ホーム > 不動産アドバイザリー

東雲アドバイザーズが提供する 不動産アドバイザリー

不動産アドバイザリー

東雲アドバイザーズの特長

現在、日本の不動産マーケットは高度化・多様化・複合化し、投資判断・売却判断に必要な情報は多岐に渡ります。さらに専門性も強く要求され、判断に迷う所有者の方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。東雲アドバイザーズでは、幅広い人脈ネットワークを活かし、有益な情報を収集。豊富なアドバイザリー経験に基づき、クライアントの不動産収益最大化に努めています。

不動産アドバイザリー業務の内容

● 不動産調査・分析・ソリューション

クライアント(法人・個人)が保有する不動産の権利関係・法令上の制限・時価査定の調査と有効活用から処分の可能性などの調査分析を行います。また万が一の相続、納税対策等を含めた資産状況の把握と検証なども。問題点と潜在リスク等を洗い出し、ニーズに応じた対策案を導き出します。

● 不動産売買仲介

クライアント(法人・個人)の個別事情、資産構成、所得状況を考慮し「本当に処分するべきか?」「取得しても良いのか?」など、総合的、客観的なアドバイスを行い、売却または購入をご支援いたします 。また実際の不動産取引に伴う法務・財務・税務についても、東雲グループ内に在籍する専門化と連携して処理が可能。入口から出口までの「トータルサポート」をご提供いたします。

● 不動産有効活用

周辺マーケット・立地条件・規模・建物現状などを調査・検証。ニーズや目的に応じて、不動産の価値や最も有効な活用方法を検討、基本構想などを策定します。具体的な収益物件化を図り、キャッシュフローの改善効果や、安定した収益性の確保といった不動産収益事業プランニングを遂行します。

● 相続・事業承継への対策

相続対策・事業承継は、資産家または事業会社オーナーとして避けて通れない重要な課題。一方、相続・事業承継対策の策定や実行は事前の綿密な準備が肝心であり、時間と労力を要します。東雲アドバイザーズでは万一、相続が発生した際に、納税対策・資産処分・権利調整などの実務面を全面サポートします。東雲グループ内の弁護士・司法書士、並びに提携する会計事務所、税理士等を交えご相談に応じます。

● 不動産投資アドバイザリー

不動産投資アドバイザリーは、資産運用コンサルティングの1つとして、その重要性が益々高まっています。
収益不動産の取得検討の際、既存収支の適正判断・収支予測の調査分析・関係法令・投資基準の適格性判断と遵法性の適否など、不動産投資スキームの策定からデューデリジェンス、フィナンシャルアドバイザリーに至るまで、広範囲にわたり不動産投資の実務サポートをいたします。