ホーム > 成長支援アドバイザリー

東雲アドバイザーズが提供する 成長支援アドバイザリー

成長支援アドバイザリー

企業の"成長支援"に特化した、コンサルティングです。

経営コンサルティング・ファームが解決するべきクライアントの課題は、多岐にわたります。
新規事業立案、事業プロセス改善、マーケティング戦略、M&A、人事評価、リストラ計画、ファイナンス、営業改革、チャネルマネジメント・・・。それぞれに専門的な知識と、その礎となる論理構築が要求されます。
この分野において、私たちは企業の"成長支援"に特化して様々なビジネスを創出するお手伝いをしています。
企業の"成長支援"を成功させるために必要なこと。それは、クライアントと「リスクを共感する」ことです。
そして、この「リスク共感コンサルティング」は、2つのコミットにより、成立しています。

"数字"へのコミット+"実務"へのコミット=リスク共感型コンサルティング

"数字"へのコミット

企業の"成長支援"は、明確な数字が出ます。
◆ 新規ビジネスであれば、売上げがあがる。
◆ M&Aであれば、合併するだけに留まらず、相乗効果を得られる。
◆ 資金調達であれば、ファイナンス(融資)に成功する。
私たちが提供する"成長支援"のアドバイザリーは、プロジェクトに対する心象的なクライアント満足以上に、これらの数字に自らが内発的にこだわります。それこそが「カタチの成果」を「数字の結果」へと変える根源です。

"実務"へのコミット

私たちがコンサルティングを行う際に、常に気をつけていること。
それはクライアントの「頭」になることだけでなく、「手」や「足」になることです。
新しいビジネスを生み出す、現状のビジネスを変えて結果へと導く。このような仕事には、常にクライアントサイドのマンパワーが不足していることが常です。やってもやっても、新しい問題が降ってくる。新しいビジネスの創造は、机上の論理(ストラテジー)だけで、コトが進みません。(もちろん着手する上で、『机上の論理(ストラテジー)』が必要なのは、言わずもがなです)だからこそ私たちは、実務(オペレーション)にこだわります。
できてこその戦略。クライアントができない絵は描きませんし、その場合が自身でオペレーションすることも辞さない上での提案です。

現在、稼働中のプロジェクト(※随時、内容が変わります)

  • M&Aアドバイザリー
  • 新規事業立上げ支援
  • 資金調達支援
  • 事業再生
  • 事業承継
  • 事業再編